スマートホーム事業

カナダ企業と工期14日住宅パートナーシップ提携

フィットは建設業界の人手不足解消や、近年増加する自然災害への復興住宅、そして世界の住宅問題への対応を目指すため、「超低価格で工期14日住宅」の全国供給を目指しています。そのプロジェクトが、ひとつの節目を迎えたことをご報告いたします。

12月11日(水)にカナダ・ケベック州企業のNA Structures社及びAmeriCan Structures社と、日本での『超合理化建設プロジェクト』におけるパートナーシップ提携を目指し、ケベック州政府経済・イノベーション省、ピエール・フィッツギボン大臣の立会いの元、了解覚書(Memorandum of Understanding)の調印式を行いました。

~ケベック州が渋谷ヒカリエにて開催するイベント「This is ケベック」と同階の主催者控室にてMOU調印式を開催~
ケベック州政府経済・イノベーション省、ピエール・フィッツギボン大臣(Mr.Pierre Fitzgibbon)
フィット代表取締役鈴江崇文
AmeriCan Structures社ルネ・ルクレール氏(Mr.René Leclerc)
NA Structures社ニコラ・オジェ氏(Mr.Nicolas Auger)

写真は、提携させていただいた2社の社長さんとケベック州の大臣と一緒に撮影したものです。僕も久しぶりにスーツ着用。。。

提携させていただいた2社は世界数十カ国に資材を輸出している実績ある企業です。
この度、僕たちのビジョンに共感をしてくれて、日本展開を一緒に挑戦していただけることになったとっても良い仲間です。

フィットは「日本の家は高すぎる」という想いを持って、住宅ローンの負担を大きく減らす「がんばらなくても家が持てる」新しい仕組みを提供してきました。

現在では「住宅購入を、もっと手軽に、何度でも」という世界観を持って、
車などを乗り替えるような感覚で、個々のライフスタイルに合わせて、
住宅購入をもっと手軽に何度でも買い替えられる世界をつくりだそうと挑戦しています。

今年リリースした最小限住宅(近代建築国際会議のテーマ)をモデルにした建物本体価格398万円(税別)~の「FIT BOND」は、その挑戦をカタチにしたものです。

建物本体価格398万円(税別)~の「 超低価格住宅 FIT BOND 」

10年後には建設業界の人手不足が顕著になると言われおり、このままでは展開に限界があります。そこで、このプロジェクトを立ち上げ「超低価格工期14日住宅」の全国供給を実現するための技術開発へ取り組むことにしたのです。

誰もやっていない、業界の常識を覆す新しい工法の開発です。
まだまだ、壁は大きいですが、
社会の問題解決に僕たちの力を少しでも役立てたいと考えています。
応援宜しくお願いします。

ABOUT ME
suzue
株式会社フィット代表取締役社長 大手ハウスメーカーや住宅フランチャイズ会社を経て、徳島でゼネコンの経営に参画し、取締役として企業再生に取り組み、参入した新規事業(戸建賃貸)で全国NO1の成果。その経験を生かし起業、代表取締役として創業7年で東証マザーズ上場に導く。 現在は、「暮らしの豊かさを新しい選択肢で」をミッションに、「クリーンエネルギー」「スマートホーム」事業で志を同じくする同業メンバーと新しいサービスを全国展開。 徳島、東京に生活拠点を構え、年の半分強を徳島、3−4ヶ月程度を東京、1ヶ月程度をその他地域で過ごし、「ローカルミニマル&資本家」という新しいライフスタイルを実践。 開発した独自ノウハウ(「パッケージホーム」「借地型コンパクトソーラー」)は全国数百社に提供。 著書に「太陽光発電の真実」「頑張らなくても家は持てる」など。